睡眠薬の副作用について

なかなか眠れない期間が続いてもしかしたら不眠症かもしれないと思い始めた時に
考えるのが睡眠薬の使用かと思います。しかし、睡眠薬というと副作用があると
聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

ここでいう睡眠薬というのは精神安定剤のことを言っているわけなのですが、
精神安定剤には鎮静作用と催眠作用の2つの働きがあります。

普通に睡眠薬と言われているものにも、この2つの働きがあるわけなのですが、
この働きのバランスは薬の種類によって変わってきます。

世間では眠くなる催眠作用の強いものを睡眠薬と呼ぶ傾向もあります。
睡眠薬を使用する時に大事なことは効果の持続時間と内服する時間だと言われています。

眠れないからと言って睡眠薬を飲んでも逆効果になってしまうこともあるということですね。
よく言われている睡眠薬の副作用の中に依存性というものがあります。

30年以上も前に使われていた睡眠薬は依存性が高いものが多かったそうですが、
現在では使っているうちにどんどん量が多くなっていくというような強い依存性は
ないとされています。

しかし、使い方によっては睡眠薬がないと眠れないという状況に陥ることもあるそうです。
たまに睡眠薬が効かなくなってしまったように感じることもあるかもしれませんが、
薬自体が効かないということではなく不眠の症状が重症化していることもあるようです。

その他、睡眠薬の副作用として有名なのは次の日の眠気やふらつきです。
長期間飲み続けることもあると思いますが、使い方によっても薬の種類が変わってくるので
症状に合わせて服用する薬を選ぶということが大事になってくるでしょう。
夜眠れない 昼眠い

Comments are closed.