歯周病で部分入れ歯になってしまいました

子供のころから歯医者は苦手だったのですが、どうしても虫歯の痛みに耐えられず治療をしてもらっても、痛みが無くなると一気に歯医者に行くのが億劫になり、結局治療途中でそのまま放置と言うのが定番になっていました。
その結果大人になってからは歯や歯茎の状態はさらに悪化していて、歯茎が腫れていたり歯がグラつくと言う事が頻繁に起こるようになりました。
このままではさすがにマズイかなと言う事で意を決して歯医者に行ったのですが、時すでに遅しでかなり歯周病が進行してしまっていたのでした。
虫歯もあり治療には少し時間がかかるとの事だったのですが、まずは歯周病の治療から取り掛かる事になり、歯周病菌を退治するための飲み薬を3日間一日3回服用しました。
その結果歯周病菌からは解放されたのですが、奥歯の状態がかなり悪い事もあり抜歯は免れないとの事で、数本泣く泣く抜歯をしました。
歯が無くなると精神的にもこんなにショックなのかと思うほど落ち込んだのですが、すぐに部分入れ歯を作ってもらい何とか食事は通常通り出来るようになりました。
何度も生えてくるサメの歯がうらやましいのですが、歯は本当に失ってから大切さを痛感する事もあるので、二度と歯を失わないようにするために気持ちを入れ替えて歯のケアを頑張っています。

Comments are closed.